自動車を買う若者が少なくなって久しいですが、結婚して子供が産まれたりすると車の必要性が出てきます。自動車を購入するときには、現金購入ではなくて、自動車ローンの利用を検討する方も多いと思います。手持ちの資金が乏しいなど、やむをえない事情で自動車ローンの申し込みをする人もいます。ある程度の預貯金を持っている人でも、自動車を買うために手持ちのお金を全部払うわけにはいきませんので、ローンが便利です。自動車ローンはディーラー系や信販系、銀行での借り入れと、その利用方法は多種多様であり、最適な方法を選択することが可能です。自動車を買う時のローンは、ディーラー系ローンがとても簡単に利用できます。ディーラーは自社で車を販売したいので、自動車ローンの審査も早く手続きも簡単ですが、金利が高くなる場合が多いことも事実です。信販系の自動車ローンは、借入れ時の条件はあまり厳しくない傾向があるようですが、ローンの金利も高いのが一般的です。審査のハードルが高めで、結果が出るまでの待ち時間も長いですが、低金利なのが銀行系ローンです。近年では、ネットで申し込みが完了するローンもありますが、銀行窓口まで行かなければ申込みができないものもあります。仕事をしている人は平日に窓口まで行くのは結構大変なものです。更にローンの審査はディーラー系や信販系よりも厳格になります。いずれの金融機関もそれぞれ特徴があります。借りたお金を返し終わるまではその金融会社と関わりを持つことになりますので、慎重に選ぶ必要があるでしょう。