自動車を購入する時はまとまった金額になるので、ローンを組んで購入資金を調達する人がほとんどだと思います。様々な金融会社が自動車ローンの融資をしていますが、利用の仕方は、各金融会社によって異なります。車は高い買い物ですから、購入する段階になる前に自動車ローンを利用するメリットや、特性についても知っておきましょう。銀行の自動車ローンが定番ですが、銀行の中には、ローン保証料として、金利とは別に手数料を請求してくるところも、少なくないといいます。銀行が扱う自動車ローンによっては、一切の保険料は徴収しないというものもあります。利息にばかり注意を向けていて、手数料の面がおろそかになると、契約をしてから事態に気づくこともあります。銀行以外では自動車ローンは、ディーラー系の金融機関でも取り扱いしているので、利用することが可能です。銀行系の自動車ローンが、ディーラー系の自動車ローンより低金利なことに変わりないですが、ディーラー系はお得なイベントや、割引サービスがよく開催されています。ディーラー系自動車ローンを利用して車を買った場合、車自体の価格が値引きされてお得になることがあります。ディーラー系自動車ローンを利用すると、ディーラー側にも一定の手数料が入りますので、車の価格を下げても問題がないという形です。条件が合えば、一旦はディーラー系の自動車ローンを組んでから、金利の低い別なローンに借り直したほうが、金銭的にはお得なこともあります。ローンの利用の仕方をじっくりと検討した上で、自分にとつて都合のいい自動車ローンの使い方をしましょう。